FEATURE

斜面の浸食と崩壊を防ぐ土留め柵渠スロープ・ドレン

スロープ・ドレン

スロープ・ドレンは、板柵工や編柵工の土留め効果に加え、法内部への浸透水や湧水の処理が可能です。

特性Characteristic

スロープ・ドレンの特徴
CHARACTERISTIC01

土留と排水のダブル効果

従来の板柵工などの土留効果に加え、法内部への浸透水や湧水の排水が可能です。

CHARACTERISTIC02

土質強度の向上

排水効果により、土の内部摩擦力と粘着力のアップが期待されます。

CHARACTERISTIC03

押え盛土的効果

安定した表層が確保されるため、土による押え盛土的効果が発揮されます。

CHARACTERISTIC04

状況に応じた設計が可能

土留高さ、水処理深さが調整できるため、現場状況に応じた施工ができます。

形状 / 種類Shape / Type

形状 1-S

形状

種類

種類 高さ(cm)
土留・暗渠
重量(kg)
定尺4.0m
1-S 15.0 4.2
2-S 30.0 8.5
3-S 45.0 12.7
4-S 60.0 17.0
5-S 75.0 21.2

スロープ・ドレン 種類

1-S

表層肌落程度の崩壊対策に用いる。その場合、埋設間隔は1.0m~1.5mが妥当である。

2-S

通常の盛土法面の保全・防護工として用いる。埋設間隔は1.5mを標準とするが、状況により1.5~2.0m。

3-S

シラスやマサのように耐浸食性が劣る場合、あるいは既に浸食や崩落が起きた場合に用いる。埋設間隔は1.5~2.0m。

4-S・5-S

斜面状況、崩壊状況に合わせ適宜採用する。